Takafumi Araki - iPhoneアプリ工房



「AirRuler(簡易距離計)」

AirRuler(簡易距離計)



「QRアドレス交換」

AirRuler(簡易距離計)



「補色残像アート」

補色残像アート
〜見えない色が見えてくる〜



「簡単3Dカメラ」
 iTunesStoreにて好評販売中

簡単3Dカメラ



「タイピング革命」
 リリース開始!

タイピング
革命



Easy 3D Camera

Easy 3DCamera



リンク
iPhone開発ブログ公開中
iPhone研究室

Twitter
Twitter
119

補色残像アート 〜見えない色が見えてくる〜


発売日 : 2011年11月18日

価格 : 85円

説明 :

白黒写真なのに何故か一瞬カラー写真に見える!?
そんな不思議な映像を楽しむことができるアプリです。

説明では伝わりにくいので、このアプリで生成したアニメーション画像を用意しました。



いかがでしょう?ないはずの色が見えてきましたか?

【使い方】
@まず最初に写真を撮影するか、フォトライブラリの写真を準備します。
  なるべくカラフルな写真を使いましょう。もちろん写真だけでなく、画像でもOKです。
A「再生」ボタンをタッチします。
  簡単な説明が表示されるので、続いて「OK」をタッチします。
B画面の説明に従って中心の点を凝視しましょう。
C一定時間経過すると、画面が白黒に切り替わります。
  この時の画像がカラーに見えたら成功です!

アプリで作成した画像をGIFアニメーションとして保存したり、Twitterでつぶやくこともできます。

【原理】
このアプリでは、「補色残像」という目の錯覚を利用しています。人間の目は、長時間同じ映像を
見続けると、その色とは反対の色(補色)が残像として残ります。この特性を利用して、最初に
本来の色とは反対の色を表示します。すると、残像として残った色と白黒写真が頭の中で合成
され、見えない色が見えてくるという仕組みです。

小学校低学年で「影送り」という遊びをされた方もおられると思います。この影送りも、補色
残像の効果を利用しています。

■ユーザーのTweet